おすすめ消費者金融総合ランキング

アコム

アコム

アコム

 

公式サイトへ

プロミス

プロミス

プロミス

 

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトへ

アイフル

 

アイフル

 

公式サイトへ

モビット

モビット

モビット

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

 

公式サイトへ

自分にとって重視すべきは上限金利?下現金利?

金利は大切な目安です。カードローンに入会する際に、金利を最重視する方もたくさんいらっしゃいます。もちろん、金利以外にも会社毎のさまざまな魅力はあるでしょうが、借りるときの目安と返すときの返しやすさを考えた場合、金利は何をおいても抑えておかなければならないポイントです。
カードローンの会社側も金利の安さを強調するために、最も低い金利である下現金利を全面的に強調しがちです。しかし、時には上限金利やその中間の金利で考えてからカード会社を選ぶことも考えなければなりません。
めてみましょう。カードローンの金利は想像以上に奥が深いのです。
長く使うのだから上限金利は特に必要ではない、と考えず、今後自分がどれくらいの金利になるか想像するところから考えて見ましょう。カードローンの金利は、表面的にはわからないところが意外とあるのです。

上限金利が下現金利か、各々の状況で考えよう

上限金利はそのカードローンの会社における最も高い金利となります。一方、下現金利はもっとも安い金利となります。最も安い下現金利が一番の目安ですが、一言でそうとばかりはいえないのです。
もし、初めてカードローンを作ろうと思ったとして、ご利用実績がないためカードローンの会社側では貸し出しの基準が判断しにくい場合があります。申込者は若干不安とします。さらに一般サラリーマンのようなお仕事ではなく、フリーランスや派遣社員のような不安定と思われがちなお仕事をされていたとします。その場合だと、借り入れ枠の限度額が下がり、そのうえ金利も当然上がります。そうなるのが予測できるならば、上限金利になりやすい事実を見通し、上限金利が安いカード会社を探して申し込む方が楽になります。

逆のケースで社会的にも安定していると思えるお仕事をされていて、十分な年収があるのであれば、上限金利が摘要されることは、ほぼありません。十分な年収があって余裕のある方にはカード会社はたくさん借り入れてもらいたいのが実情です。となると、下現金利が安い方がそのような方にとっては便利な借入先ということになります。金銭的に余裕があればついお金にも余裕を持ちがちですが、借り入れの枠に余裕はいくらあっても困らないので、カードローンの申し込みにおいても低金利を狙うほうがよいのです。

場合によっては中間金利も想定すること

上限と下限金利のみで考えるのは容易ですが、借り入れの限度額にも段階があります。金利にしても段階的に下がります。ですから、場合によっては中間金利も参照し、あまり目立たない情報でもしっかりと見極めてから考えることが大切なのです。金利は利用する人次第で大きく動きます。どのような金利であるにせよ、ご自身にとって最適のモノを選ぶようにしなければなりません。

 

TVや漫画などで見るような消費者金融はない?

消費者金融総合情報サイト

キャッシング初心者は金利のことよりも何よりも、消費者金融は怖くないかどうかを気にするようです。その気持ちは非常によくわかります。返済が1日遅れただけで大声上げて家に乗り込んでくるんじゃないかとか、電話で怒鳴り散らされるんじゃないかとか、そんな不安に気持ちになるのは至極当然のことでしょう。テレビなどの影響でそんな風に思ってしまうのですが、しかしそれは少し前の業界の体質であり、また、そもそも返済日が少し遅れただけではそこまで怖い思いをすることはまずありません

ドラマのような怖い経験をしたくないのであればその消費者金融のサービス内容に沿って利用すればいいだけのこと。そうすれば怖いどころか非常に丁寧な対応をしてくれます。消費者金融にお金を借りて返さないのは、レストランで食事をしたのにお金を払わないで出て行くようなものであり、こんなことをされたらお店の人は当然起こりますよね。でもちゃんと食べた分の支払いをすれば笑顔で送り出してくれます。これは人間の在り方として当たり前のことであり、それは金融業界においても同じ。普通にしていれば全く怖くないので安心してください

と、ここまでは一般的な消費者金融のお話です。星の数ほどある消費者金融の中には1日返済が遅れただけで態度をガラリと変えるところもごくごく僅かですが存在しているようです。そういったところは広告の雰囲気などでもわかりますし、とてつもなく誘惑の多い広告になっているので普通の人は騙されないはずです。その業者が怖いか怖くないかは最終的には自分で判断するしかありません。お金を借りる前に調べられる部分は調べ、怖くない消費者金融だと判断したら融資してもらいましょう。また評判の悪い業者、怖いところか怖くないところかはネットの口コミでも簡単に調べることが可能です。


このページの先頭へ戻る