消費者金融と銀行からの借り入れ比較

現金が必要になったが周りの友人・知人、または家族・親族に借りることができない時、人はキャッシングに頼るしかありません。そのキャッシングを行う相手には大きく分けて消費者金融と銀行のふたつがあります。この場合、銀行系のキャッシング業者をどちらに含ませるか非常に悩ましいところなのですが、悩ましいということは両者の間に位置していると考えることもできます。そう考えて詳しい比較を見ていきましょう。

 

詳しい比較とは言っても銀行は銀行で、そして消費者金融もそれぞれで取り扱っているサービスが異なるので全てを一緒くたにし二極化することは現実的ではありません。あくまでも一般的に言われていることをまとめてみます。まずは消費者金融に有利な点です。それは比較的借り入れがしやすいということ。銀行で断られても消費者金融で融資を受けられるのは珍しいことではなく、その逆のパターンよりは断然に多いでしょう。逆に銀行の良さというのは金利の低さと限度額の大きさが言われています。差が縮まってきたとは言え、まだ幾ばくかの差は確かに存在しているようです。

 

銀行は信頼があったり安心感があるとよく耳にしますが、消費者金融も大手であれば同じくらいの安心感は感じられるでしょう。この辺りは人の感覚の問題なので比較するのは簡単ではありません。消費者金融は金利が高いというイメージを覆す為に無利息期間を設けているところも出てきています。これは大きな利点です。短期間の借り入れなら断然有利に働くでしょう。全体的に比較すると迷いが取れない恐れがあるので、自分にとって大事な部分をより慎重に比較することを心がけてみてください。

消費者金融を利用する-消費者金融おすすめ人気ランキング記事一覧

消費者金融でお金を借りる時に必ず通らなければならないのが審査です。これにパスしなければその金融機関ではお金を借りることができません。それどころか他の金融機関でもお金を借りるのが困難になる場合さえあるのです。では消費者金融の審査に通る為にしておきたいことは何なのでしょうか。それを知るためにはそもそも各金融機関がどんな審査を行いお金を貸しているのかを把握する必要があるでしょう。各金融機関のチェックはそ...
消費者金融の金利は公表されているとは言え、その表示には高い値と低い値があり、その間が10ポイント以上離れているなど、なんだかつかみ所がない感じがしてしまいますよね。これらはどうやって決定されているのでしょうか。まずは消費者金融が公表している金利ですが、これは国が定めた実質年率を上限として、それを下回る値を各業者が自由に設定しています。この値は近年とても厳しくなり、いわゆるグレーゾーンでの融資を行う...
消費者金融のメリットはあらゆる媒体で色々と言われていますが、それ以外に挙げるとすると、選択肢の多さがひとつあると思います。銀行も手軽に個人借り入れができるサービスが増えてきましたが、それでも取り扱っているところはまだまだ少なく大手や一部の銀行に限られます。一方、消費者金融は数え切れないほど存在しているのです。利用する価値のある消費者金融はその中でも数割程度に絞られるかもしれませんが、それでもこの選...
消費者金融は法律ギリギリの金利を設定しているところも多数存在していますが、これはハッキリ言って大きなデメリットです。銀行のような金利の安いところで借りられない人を、言い方は悪いかもしれませんがカモにしている消費者金融もあるので、そういったところでは返済額が思った以上に積み重なってしまうというデメリットがつきまとい、それを無視して融資を受けるのはとても危険でしょう。大きな金額を借りるとなおさら返済が...
消費者金融からのキャッシングで絶対に欠かしてはいけない注意点は3点。まずはその消費者金融の実態。そして返済する意志とメド。最後にキャッシングは借金であるという意識です。そんなの当たり前だと言われるかもしれませんが、そもそも消費者金融のお世話になる人にはこれらが欠けていることが多々見られます。消費者金融の実態は把握しにくいのも事実です。もしブラックリストに載っているなどの事情がなければテレビCMなど...
即日借り入れは消費者金融の十八番。銀行での即日借り入れが無理でも消費者金融に申し込めばあっさりOKなんてことも珍しくはないので、今日中にお金を用意しないと人生がめちゃくちゃになってしまうという人は利用してみましょう。そこまで深刻ではなくても、例えば給料日前のちょっとした資金の調達や急に決まった飲み会やデート、さらには家賃の支払いが迫っており手持ちがない時などは即日借り入れを利用するとお財布も心も満...
消費者金融の広告を見てみると金利の横あたりに必ずと言っていいほど借り入れ限度額なるものが書かれています。「こんなに借りることができるんだ」と思い安心する人もいるかもしれませんが、ここに記された限度額を借りることができるのはごく一部の人だけです。具体的にはそれだけ大きな額を借りてもしっかりと返済できたり、また同じ消費者金融で何度も融資を受けていて、その度にしっかりと返済をしている人のみが借りられる額...
ある法律では年率20%を上限として、それを超える年率で貸し付けを行ってはいけないとし、ある法律では年率29.2%を超える融資を行っている場合には罰せられると定められています。この20%と29.2%の間に年利を設定し個人に対して貸し付けを行っている消費者金融が多数存在していました。この年利の差がいわゆるグレーゾーンと呼ばれているものです。このグレーゾーンの年利でお金を借りていた人は余計な利息を消費者...
消費者金融に助けを求めたいのは決して個人だけではありません。事業者にとってもお金を貸してくれる消費者金融は頼みの綱であり、利用したいと思うものです。その理由は銀行の審査がとても厳しいことが挙げられます。銀行は個人向けの融資と同じように金利はとても低く設定されているのですが、しかし個人よりも審査がとても厳しく、また、即日融資というわけにはいきません。事業ローンという制度があっても借り入れできる人は多...
既に消費者金融からの借り入れを行っている人は他の消費者金融には手を出さない、つまり複数社契約は避けるようにしましょう。もし返済が厳しいのであれば弁護士などの専門家に相談すべきです。相談料などもかかるかもしれませんが、しかしこのまま厳しい状況に陥り金利地獄にはまってしまうよりはマシでしょう。もし既に複数社契約をしている場合はそれぞれの消費者金融からの借り入れをひとつの消費者金融、もしくは銀行からの借...
借りたお金は返すというのは当然のことで、誰もが知っている常識です。しかし、キャッシングで重ねた借金がどうしても自力では返しきれないとき、あなたはどう考えるでしょうか。普通に考えれば、弁護士など専門家に相談し、どうしてもという時に限って債務整理や自己破産等をはじめとする道を進むでしょう。しかし、世の中そういう人ばかりではなく、昔の某ドラマのように夜逃げを行い、身をくらまして借金そのものから逃走しよう...

このページの先頭へ戻る