消費者金融の過払い金について

ある法律では年率20%を上限として、それを超える年率で貸し付けを行ってはいけないとし、ある法律では年率29.2%を超える融資を行っている場合には罰せられると定められています。この20%と29.2%の間に年利を設定し個人に対して貸し付けを行っている消費者金融が多数存在していました。この年利の差がいわゆるグレーゾーンと呼ばれているものです。このグレーゾーンの年利でお金を借りていた人は余計な利息を消費者金融に払っていたと考えられており、そして裁判が行われました。結果は消費者側の勝訴。消費者金融は余計に受け取った利息を消費者に払い戻すことになったのです。過払い金とはこの余計に払っている利息のことであり、本来は支払う義務のない性質のお金のことで、この裁判をきっかけに多くの人が過払い金を取り戻そうとしています。

 

もし過去に年率20%を超える金利で消費者金融からお金を借りていた経験がある人は過払い金が発生している可能性があるので弁護士などに相談してみましょう。もし完済していても過払い金は戻ってきますし、今なお返済中であるならば過払い金が戻ってくることで借金の額を減らすこともできるかもしれません。泣き寝入りしていてはいつまで経っても利息を払い続けなければならないので大損です。是非勇気を出して一歩を踏み出してください。

 

過払い金を請求することで得られるのはほとんどがデメリットです。しかし、例えば同じ消費者金融から再び融資を受けることができなくなるかもしれないというデメリットもあります。いえ、これはデメリットではないでしょう。借金する消費者金融がひとつ減るわけですから。

おすすめ消費者金融総合ランキング

このページの先頭へ戻る