キャッシング返済せずに逃げる方法はあるのか?

借りたお金は返すというのは当然のことで、誰もが知っている常識です。しかし、キャッシングで重ねた借金がどうしても自力では返しきれないとき、あなたはどう考えるでしょうか。普通に考えれば、弁護士など専門家に相談し、どうしてもという時に限って債務整理や自己破産等をはじめとする道を進むでしょう。しかし、世の中そういう人ばかりではなく、昔の某ドラマのように夜逃げを行い、身をくらまして借金そのものから逃走しようとする人もいるのです。ドラマではない現実で果たして可能なのでしょうか。

キャッシングで返済せずに逃げる方法

実際には、借金の返済が滞るとまず貸し手の方から督促状【早く返してくれという通知】が届きます。同じ封筒の中には、遅延損害金を上乗せした金額の振り込み用紙が同封されるそうです。これで払えば終わりですが、そうでない場合は貸し手の方から直接電話で連絡があり、最後にはあなたの債権は「不良債権」となり、金融機関の不良債権の回収部門担当の職員が直接自宅までやってくることになるのです。この職員は、こういう『取り立て』専門の職員ですので、窓口にいるような優しい人である保証はありません。【ただ、闇金でもない限り『本職の方』ではありません】こられた側としては恐ろしい存在に映ることは想像に難くありません。

 

また、金融機関は個人のキャッシングの状況を個人信用情報と言う形で共有しており、上記のような事態となれば、もちろんこのことも記録されることとなります。そうなると、他の金融機関からキャッシングを受けることは一定期間厳しくならざるをえません。こんな事態に陥ってしまった人は、たいてい複数の貸し手から限度額までのキャッシングを受けていることがほとんどですので、もうどこからも借りられないでしょう。近年、キャッシングが身近になったことも相まって、こうして多重債務者が生まれるというケースが増加しています。ここまで来て初めて、債務整理と踏み倒しという究極の選択をすることになるのです。

貸す側は回収することもプロ

お金の貸し借りは消費貸借契約という民事のルールの元行われるものです。そのため、例え踏み倒しをしたとしても、原則として刑事罰=逮捕ということにはなりません。とはいえ先程述べた不良債権の回収部門は、行ってみればお金のプロである金融機関の中の、特にお金の回収にかけてはプロ中のプロと言わんべき存在です。回収できない債権は、他の金融機関やサラ金などに売却し、少しでもお金を得るのです。そして甘く見てはいけないのは、非常に少ないながらも、その売却先の中に、本当の闇金もまた含まれている可能性が否定できないということなのです。それこそ『本職の方』がやってきて、とんでもない目に合うということもあり得るのです。

 

以上のお話は、キャッシングを利用する以上全ての人に起こりうる話です。利用する額の大小に関わらず、計画性を持って利用することが大切です。ただ、そこまでしても返せない状況になることもあるでしょう。その時は、踏み倒しではなく、債務整理をはじめとした道を選択しましょう。自己破産は決して最悪の結末ではなく、むしろ自己破産によって債務から解放され、リスタートをはかることができるのです。

おすすめ消費者金融総合ランキング

このページの先頭へ戻る